このページのトップ

現在の位置: トップページおくすり相談静岡新聞「薬の相談室」平成20年4月から平成21年3月 › 乳がん治療でレトロゾール処方 タモキシフェンより効果 骨量増やす薬と併用



ここから本文です

乳がん治療でレトロゾール処方 タモキシフェンより効果 骨量増やす薬と併用

平成20年9月16日掲載

質問

56才女性。乳がんの手術後のホルモン療法で、レトロゾール(商品名:フェマーラ)という薬が処方されました。以前、叔母や姉はタモキシフェン(商品名:ノルバデックス)を使いましたが、新しい薬なので心配です。

回答

乳がん全体の6から7割は、女性ホルモンであるエストロゲンの刺激によってがん細胞が増殖すると考えられています。閉経を迎えた後になると、卵巣からのエストロゲンの供給はなくなりますが、副腎皮質から分泌される男性ホルモンをアロマターゼという酵素が変換してエストロゲンが少量生産され、これが閉経後乳がんの増殖を促進します。

そのため、閉経後乳がんの治療には、これまでタモキシフェンを代表とする抗エストロゲン剤が用いられてきました。しかし、レトロゾールのようなアロマターゼを阻害する薬に、タモキシフェンを上回る再発抑制効果や生存率を高める効果があることなどが分かってきたため、アロマターゼ阻害薬が使われるようになってきています。ただし、タモキシフェンに比べ、骨量を減少させるという問題点もあり、骨量を増やすビスフォスフォネート製剤を利用することが必要です。

乳がんの治療法はどんどん進歩し、治療に対する考え方がずいぶん変ってきています。また、治療法は個々の病状により大きく異なります。薬物療法を受ける場合には、薬物療法の目的、期待される治療効果、予想される副作用とその対策などについて十分な説明を受けましょう。

大石順子 社団法人静岡県薬剤師会・医薬品情報管理センター主幹

このページの先頭へ戻る