このページのトップ

現在の位置: トップページおくすり相談静岡新聞「薬の相談室」平成20年4月から平成21年3月 › はしか感染防ぎたい高3 免疫増強へ2回目接種



ここから本文です

はしか感染防ぎたい高3 免疫増強へ2回目接種

平成20年4月24日掲載

質問

高校3年生の息子。昨年、今年の受験シーズンに多くの学生がはしか(麻疹)にかかっていましたが、来年はどうなのか心配しています。予防薬や特効薬はありますか?1歳で予防接種を受けましたが、もう一度受けたほうがいいでしょうか?

回答

はしかは、麻疹ウイルスによって起こる急性伝染病です。子供の病気と思われがちですが、昨年は10から20代で流行し、休校措置をとった高校や大学もありました。

本来、はしかは一度自然感染すると強い免疫ができて二度とかからない病気ですが、近年、はしかの発生が減り、ウイルスに接触する機会が少なくなったため免疫が増強されない人が増えたこと、そして、10代後半ではワクチン接種をしていない人が多いため、若い学生の間で集団感染が続発しました。

このようなはしかの流行を受け、わが国では『2012年麻疹排除計画』を立て、今年4月から5年間、現在の定期予防接種の対象者(1歳、小学校入学前1年の者)以外に、中学1年生と高校3年生(同年齢相当の人)を新たな対象者としました。この世代は1回の接種を受けているはずで、2回目の接種によって免疫を増強できるため、予防接種を受けてください。

はしかは老若男女を問わず、入院が必要になることもまれではなく、肺炎や脳炎などを合併して死に至ることもある病気です。妊婦では流産や早産の危険があり、生まれたばかりの赤ちゃんがはしかにかかることもあります。はしかに特効薬はなく、予防接種を受けることが最善の予防策です。

大石順子 社団法人静岡県薬剤師会・医薬品情報管理センター主幹

このページの先頭へ戻る