このページのトップ

現在の位置: トップページ薬剤師と薬局 › 医薬分業とは



ここから本文です

医薬分業とは

医薬分業というのは、 病院や診療所の医師は患者さんに直接お薬を渡さないで、 お薬の名前や使用法を書いた処方せんを発行し、 患者さんはそれを、街の薬局に持っていって、 薬局の薬剤師に調剤してもらいお薬を受け取ることを言います。
これによって、医師と薬剤師の二人の専門家により、 医薬品の使用をダブルチェックし、 お薬の効果や安全性を一層高めようという制度です。

調剤してもらう薬局は、患者さんが自由に選ぶことができます。 自宅の近くやいつも行く商店街の薬局など、 自分がいちばん気軽に、また、安心して相談できる薬局をかかりつけ薬局に決めましょう。

医薬分業とは

医薬分業を上手に利用するコツ

調剤をしてもらう薬局では、 お薬のことなど薬剤師に何でも気軽に質問し、相談しましょう。

  • 1日3回っていうけど、飲み忘れたらどうしたらいい?
  • 妊娠しているけれどお薬を飲んで大丈夫?
  • 赤ちゃんにお乳を飲ませている間は、 飲まないほうがいいお薬があるって聞いたんだけど?
  • 薬局で買った大衆薬や食べ物との飲み合わせは?
  • 牛乳やコーラと一緒に飲んでもいい?
  • おじいちゃんが、薬が飲みにくいっていってるんだけど?

などなど、わからないこと、相談したいことがたくさんありますよね。

薬局の薬剤師は、患者さんから聞いたことを他人に話すことは 法律で厳しく禁じられています。
安心して相談しましょう。

薬局では、患者さんが使用したお薬の名前や時期、 お薬のアレルギーのことなどを、 患者さんごとに記録しています。
これを薬歴カードといいます。 以前調剤してもらったお薬のことなど、質問してみましょう。

同じ薬屋さんでも薬局と薬店は違います。
薬店では処方せん調剤はできませんから、間違えないようにしましょう。
薬局と薬店の違いは、薬局は、ほとんどの場合、 お店の名前が「○○薬局」となっています。
また、薬局には必ず薬剤師がいて、調剤室があります。

医薬分業の流れ

このページの先頭へ戻る