このページのトップ

現在の位置: トップページおくすり相談静岡新聞「薬の相談室」 › 最近、市販鎮痛薬が効かない---薬物乱用頭痛か、早めに受診 片頭痛は食事やサプリで予防



ここから本文です

最近、市販鎮痛薬が効かない---薬物乱用頭痛か、早めに受診 片頭痛は食事やサプリで予防

平成22年6月2日掲載

質問

29才の女性。頭痛持ちで薬が手放せません。いつも飲んでいる市販薬が最近効かなくなってきたように思うのですが、薬を替えた方がよいでしょうか?

回答

鎮痛薬を使い過ぎるせいで症状が悪化したり、新たな頭痛を引き起こしたりする頭痛を薬物乱用頭痛といいます。もともと頭痛を持っていた人が、鎮痛薬をたくさん飲み続けていると、通常なら気にならない程度の刺激でも痛みを感じるようになり、さらに鎮痛薬を飲む機会が増え、より痛みを感じやすくなるために起こると考えられています。頭痛が1か月に15日以上ある、月に10日以上鎮痛薬を服用している、頭痛の悪化や違う痛みが出てきた、という場合は薬物乱用頭痛が考えられるので早目に受診しましょう。

また、頭痛の中でも、片頭痛は、脳内のマグネシウムやビタミンB2(リボフラビン)不足で起こると考えられています。マグネシウムは、ひじきや玄米などの食品やサプリメントからカルシウムととも毎日とり、ビタミンB2も不足しないように日頃の栄養バランスにも気をつけましょう。

また、ナツシロギク(夏白菊)という和名を持つフィーバーフューというハーブは、昔から解熱鎮痛作用がある植物として知られ、片頭痛予防に用いられてきました。現在では、慢性頭痛診療ガイドラインにもあるように、マグネシウム、ビタミンB2とともに、フィーバーフューの片頭痛予防の有効性が確認されています。ただし、妊婦、授乳婦は摂取を避けてください。

大石順子 (社)静岡県薬剤師会・医薬品情報管理センター所長

このページの先頭へ戻る