このページのトップ

現在の位置: トップページおくすり相談静岡新聞「薬の相談室」 › 水虫、市販薬でも治るか---抗真菌薬入り、1日1回で効果



ここから本文です

水虫、市販薬でも治るか---抗真菌薬入り、1日1回で効果

平成22年5月18日掲載

質問

21才の女性。普段からブーツを履いているので水虫に悩まされています。市販の薬でも治りますか?

回答

水虫は春ごろから急増し、夏、ピークに達します。以前市販されている水虫薬には、効き目の弱いものもありましたが、現在では、「スイッチOTC薬」と言われる医療機関で使用している抗真菌薬が入り、1日1回でも効果がある製品が主流です。抗真菌薬だけの製品はかぶれやすい人にお勧めですが、かゆみが強かったり、皮膚が固くなっている時には必要な成分を配合した製品を選んでください。

また、様々な剤形がありますが、基本的にはじくじくしている場合にはクリーム剤や軟こう、乾燥している場合には液剤やスプレータイプが勧められます。

購入した水虫薬は最低2~3ケ月、根気よく続け、出来れば症状がなくなってから、さらに1ヶ月続けることが完治させるコツです。ただし、水虫は湿疹と見分けがつきにくいので、2週間位使用しても症状の改善がみられない場合や、症状が悪化した場合は水虫ではないことが考えられるので、使用を中止して医療機関を受診してください。

また、爪水虫も外用薬はほとんど効果がなく、抗真菌薬の内服が必要となるので受診しましょう。

水虫といえば、中年男性の病気と思われていましたが、最近ではブーツなど通気性の悪い靴の流行に伴い女性の感染率も上がり、パッケージデザインに配慮した製品もあります。今年の夏こそ水虫を治しましょう。

大石順子 (社)静岡県薬剤師会・医薬品情報管理センター所長

このページの先頭へ戻る