このページのトップ

現在の位置: トップページ › 第51回東海薬剤師学術大会開催のご案内



ここから本文です

第51回東海薬剤師学術大会開催のご案内

会期

平成30年12月2日(日)

会場

写真:グランシップ外観

静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」
静岡市駿河区東静岡2-3-1 電話054-203-5713

主催

公益社団法人静岡県薬剤師会

共催

一般社団法人三重県薬剤師会、一般社団法人岐阜県薬剤師会、 一般社団法人愛知県薬剤師会

参加者

三重県薬剤師会、岐阜県薬剤師会、愛知県薬剤師会及び静岡県薬剤師会の会員、薬局の勤務薬剤師、病院薬剤師、行政薬剤師、薬科大学・大学薬学部関係者及び薬業団体・企業関係者並びに薬科大学・大学薬学部の学生とする。 参加目標数:1,200名(三重県200名、愛知県250名、岐阜県200名、静岡県550名)

メインテーマ

「人として、薬剤師として。」

日程

時間 内容 場所
9:30~ 受付 1階 大ホール 海ロビー
10:00~10:30 大会式典 1階 大ホール 海1/2
10:40~11:40 特別記念講演 1階 大ホール 海1/2
12:00~13:00 ランチョンセミナーA 9階 会議室910
ランチョンセミナーB 10階 会議室1001-1
ランチョンセミナーC 10階 会議室1001-2
ランチョンセミナーD 11階 会議ホール 風
12:00~15:30 ポスターセッション 6階 展示ギャラリー、交流ホール
13:20~15:40 研究発表(口頭) 10階 会議室1001-1
13:20~15:30 教育講演 10階 会議室1001-2
14:30~16:00 シンポジウム 11階 会議ホール 風
10:00~16:00 機器展示、書籍販売 6階 展示ギャラリー

特別記念講演

演題 「脳を鍛え認知症を予防する」
講師  東北大学加齢医学研究所所長 川島 隆太

ランチョンセミナー

セミナーA 協賛:富士通(株)
演題 「薬局イノベーション:ICT導入のビフォーアフター」~薬局の在宅支援における膨大な雑務からの解放~
講師  チューリップ薬局平針店管理薬剤師 水野 正子/
    富士通(株)フィールド・イノベーション本部地域包括ケア共創推進部エキスパート 栗原 弘幸、成富 稔彦 

セミナーB 協賛:ノバルティス ファーマ(株)
演題 「乾癬の薬物治療」 -実際の効果と問題点-
講師  静岡県立総合病院皮膚科主任医長 八木 宏明 

セミナーC 協賛:第一三共(株)
演題 「多方向に進歩する糖尿病治療薬:配合薬の利点を考える」
講師  静岡市立静岡病院副院長、内分泌・代謝内科主任科長 脇 昌子

セミナーD 協賛:大塚製薬(株)ニュートラシューティカルズ事業部
演題 「更年期からの女性のヘルスケア」~大豆由来成分:エクオールが果たす役割~
講師  聖隷健康サポートセンターShizuoka所長 鈴木 美香

ポスターセッション

三重県・岐阜県・愛知県・静岡県薬剤師会会員のポスターセッションを行います。

研究発表(口頭)

三重県・岐阜県・愛知県・静岡県薬剤師会会員の研究発表(口頭)を行います。

教育講演

講演1
演題 「高齢者における薬物動態と医薬品使用時の留意点 -腎機能低下時の薬物投与と薬物相互作用を中心に-」
講師  東京大学医学部附属病院薬剤部助教・副薬剤部長 大野 能之

講演2
演題 「不眠症の薬物療法の現状と課題、今後のあり方 -なぜ保険給付政策を招いてしまったのか-」
講師  秋田大学大学院医学系研究科医学専攻病態制御医学系精神科学講座教授 三島 和夫

シンポジウム

メインテーマ「健康サポート薬局の取組の実例」

シンポジスト
テーマ1「一般向けの講座、地域活動」
静岡県薬剤師会 健康第一薬局 角皆 卓

テーマ2「健康サポート薬局のOTC・セルフメディケーションの現状と目標」
三重県薬剤師会理事 平岡 伸五

テーマ3「多職種連携(地域の資源との連携のとり方と留意点)」
岐阜県薬剤師会理事 土屋 辰司

テーマ4「健康サポート薬局を取得するまでの具体的取組(業務改善、薬剤師の資質向上、設備等)」
愛知県薬剤師会 一宮市薬剤師会会長 濵崎 光哲

薬科機器等展示

薬科機器等の展示コーナーを設置します。

参加登録料

一般登録 一人1,000円/学生登録 無料
参加登録は大会当日のみとする。なお、学生登録は、大会受付所において証明書(学生証など)の提示を求める。

研修認定

薬剤師の参加者には、日本薬剤師研修センター「研修認定薬剤師実施要領」による集合研修相当の受講シールを交付する。

このページの先頭へ戻る